気になるタイのお話

タイ閉鎖

  1. HOME >
  2. 気になるタイのお話 >

タイ閉鎖

2020年3月24日首相より追加の発表がありました。

サワッディー カップ。
なぜなにタイランド!シンバです。

2020年3月22日にバンコク及び一部地域にて商業施設、娯楽施設等が閉鎖されました。

しかし、閉鎖実施後もコロナの感染者増加は止まらず増え続けています。

専門家の分析では従来の対応と自宅待機とした場合の30日後の比較では

感染 351948人/24269人

入院 52792人/3640人

重症 17597人/1213人

死亡 7039人/485人

というデータが出ています。

https://www.posttoday.com/social/general/618605

実際今も一日辺り100人単位でコロナの感染者は増えています。

本日2020年3月24日現在のコロナ感染者は827人死者4人と発表されています。

https://covid19.workpointnews.com/?to=THAILAND

そのため本日2020年3月24日に首相より追加の発表がありました。

発表の主な内容は

2020年3月26日から2020年4月末「約一か月」まで

①許可のない限り規定時間外に居住地を離れることの禁止

②いかなる場所でも集会の禁止

③混乱を引き起こすメッセージ、意図的に偽りの情報を流すことの禁止

④道路、公共の乗り物、車の使用禁止及び使用条件の規定

⑤公共の建物への入場禁止

⑥指定された地区からの避難及び侵入禁止

また状況が好転しない場合さらに三か月延長される可能性も

これらはあくまで発令されることもあるということなので確定したわけではありません。

https://www.posttoday.com/politic/news/618615

副首相からの発表ではコロナ騒動による失業者には毎月5000バーツを三か月間支給されるそうです。

https://www.posttoday.com/economy/news/618616

規定時間内は外出もできるのでスーパーマーケット等の生活に最低限必要なお店は引き続き営業すると思いますので食べ物などが買えなくなることはないでしょう。

治安の悪化は免れないでしょうが国からの支給があるので多少はマシにはなるのかなと思います。

私個人の考えでは一か月で好転はしないと思います。

正直色々対応は遅いですよね。

外国でコロナが騒がれ始め他の国が外国人の入国を規制し始めた時にはまだ規制をすることなく受け入れ続ける。

バンコクでコロナが流行り始めたころに人の出入りを規制することなく一部の業種だけ閉鎖にした。

結果バンコクから帰省する人が続出し都心部だけでなく地方でもコロナ感染者が増加。

そのため全国的にコロナの感染が拡大。

そして経済への大打撃にはどのように対処するのか。

コロナ騒動で様々な問題が発生し大変なことになっています。

とりあえず出かける際には感染予防と自己防衛を心掛け必要以上の外出は控えましょう。

今はタイ人もシリアスになってるので日本人というだけで「コロナ」呼ばわりされるなんてこともあります。

お気を付けください。

-気になるタイのお話

Copyright© なぜなにタイランド! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.