タイでVPN

タイでおすすめのVPN2021年最新版

  1. HOME >
  2. タイでVPN >

タイでおすすめのVPN2021年最新版

サワッディー カップ(ㅅ>ω•*)

なぜなにタイランド!シンバです♪

タイで日本の動画配信サービスを利用するにはVPNが必要になります。

日本の動画配信サービスは通常制限がかけられていてタイでは利用できません。

一部利用できるサービスもありますが制限され視聴できる作品数が日本とは異なります。

あのドラマが見たい、あの映画が見たい。

そうなったときにすぐに見ることができないのがタイ在住者のつらいところではないでしょうか。

VPNを使えば日本の動画配信サービスが利用できるようになります。

しかし、VPNもたくさん種類があります。

どれを選べばいいのかわからない方への参考に今回は実際私が利用している&していたサービスからタイで利用するのにおすすめなVPNをいくつか紹介させていただきます。

こんな方におすすめ

  • タイでVPNの利用を検討している方
  • タイで日本の動画配信サービスなどを利用したいと考えている方
  • タイで利用するのにおすすめなVPNが知りたい方

VPNとは?

そもそもVPNとは何かご存知でしょうか。

Virtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク、VPN)は、インターネット(本来は公衆網である)に跨って、プライベートネットワークを拡張する技術、およびそのネットワークである。VPNによって、イントラネットなどのプライベートネットワークが、本来公的なネットワークであるインターネットに跨って、まるで各プライベートネットワーク間が専用線で接続されているかのような、機能的、セキュリティ的、管理上のポリシーの恩恵などが、管理者や利用者に対し実現される。
仮想プライベートネットワーク、仮想専用線とも呼ばれる。
VPNは2つの拠点間に、仮想的に「直接的な接続」を構築することで実現できる。専用線ではなくインターネットを経由しながら機密性を保つため、IPベースの通信の上に、専用の接続方法や暗号化を乗せている。また、近年はインターネットではなく少し広がりの小さい多数の加入者で帯域共用する閉域網を利用し、そのような接続を実現する技術、もしくは電気通信事業者のサービスもVPNと呼ばれている。後者を指して特にPPVPN(Provider Provisioned Virtual Private Networks)と呼ぶこともある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Virtual_Private_Network

本来はセキュリティの向上に使う機能です。

VPNを利用することで自身のIPアドレスは接続先のサーバーのIPアドレスに変わります。

この仕組みをタイから日本間で行うことでタイのIPアドレスが日本のIPアドレスに変わります。

結果タイでも日本の動画配信サービスが利用可能になります。

タイから日本のVPNサーバーにアクセス

タイから日本に設置されたVPNサーバーを利用することでお使いのタイIPアドレスが日本のVPNサーバーのIPアドレスに変わります。

日本のVPNサーバーから日本の動画配信サービスに接続

この時点で自分のIPアドレスは日本のVPNサーバーのIPアドレスになっています。

日本のVPNサーバーは当然日本のIPアドレスなので問題なく日本の動画配信サービスに接続されます。

日本の動画配信サービスがVPNサーバー経由でタイで見られるように

日本のVPNサーバー経由で日本の動画配信サービスがタイにお住いのあなたのもとへ発信されます。

タイで利用するのに無料でおすすめなVPNはある?

タイで利用するのに無料でおすすめなVPNはある?という質問をよく聞きますが正直おすすめできません。

実際無料のVPNはたくさんありますが有料の物と比較して圧倒的に品質が低くセキュリティも脆弱です。

中には悪質な目的で作られた物もありますので安心して利用することができません。

そういったものはこちらの個人情報を盗むことが目的で作られています。

また無料VPNはセキュリティも脆弱なためそれをターゲットにしたハッキングをされる可能性もあります。

VPNは本来セキュリティを強化するためにも利用するものですが無料VPNを利用することで却って危険に飛び込んで行っているのです。

どうしてもVPNにお金をかけたくないという人は最低限

・身元のはっきりした提供先確認する

・利用中は個人情報を一切入力しない

これらを心掛けてください。

タイで利用するのにおすすめなVPN「2021年版」

タイで利用するのにおすすめなVPN「2021年版」をご紹介します。

私自身住んでいるタイで利用するためにどの会社がいいかといくつも利用してきました。

それぞれ特徴が違いますのでご自分にあったものを選ぶ参考にしてください。

セカイVPN

株式会社インターリンク社が提供するサービスで私が今回ご紹介する中で唯一日本の会社です。

安心の日本人サポート

日本の会社なので勿論サポート環境も日本人向けになってます。

何かわからないことやトラブルがあってもすぐに丁寧な対応をしてもらえる。

安心の日本品質の対応をしていただけるのでサポートはタイVPNよりもしっかりしています。

設定が簡単

公式サイトに設定方法が日本語でわかりやすく解説されているので誰でも簡単に設定できます。

料金がお手軽

タイのVPN社は一年分、数年分の料金を一括払いすることで月辺りの金額はお得になりますが月額払いは割高に設定されています。

セカイVPNは月払いで1080円なので手を出しやすくなってます。

豊富な接続チャンネル

接続できるサーバーがたくさん用意されているので混雑するようなら別のサーバーに切り替えるなどが可能です。

セカイVPNはタイのVPN社よりも接続できる国は少ないですが日本のサーバーは十分あります。

最大2ヶ月の無料体験

最大2ヶ月間無料でお試しすることができます。

2ヶ月試して気に入らなければそのまま利用を続けなければいいだけなので気楽に試すことができます。

セカイVPNまとめ

正直セカイVPNはスペック的には海外のVPN社よりも劣ります。

しかし、日本の会社から安心の日本品質のサービスを受けることができるので

「VPNのことよくわかってないけどとりあえず使ってみたいな」

という方に良いと思います。

海外のVPN社のように後から返金しますではなく無料で2ヶ月お試しできる点も初めての方にはとっつきやすいポイントですね。

セカイVPN公式はこちら

NordVPN

NordVPNはTEFINCOM_S.A.社が提供するVPNサービスです。

圧倒的なセキュリティ

NordVPNは軍事レベルの暗号化通信やその他機能によってVPN業界最硬のセキュリティです。

・AES(高度暗号化水準)と呼ばれる軍事レベルの暗号化を採用

AESは、政府や、サイバーセキュリティの専門家、暗号の愛好家によって世界中で使用・承認されている暗号化規格です。NordVPNは、256ビットの暗号化を行うAESを使用しています。これは、米国家安全保障局(NSA)により、トップシークレットを含む機密情報の保護に推奨されています。
AESはどれくらい安全ですか?
・この暗号化を破れる既知の実用的な攻撃は存在しません。ブルートフォース攻撃(考えられるすべてのキーの組み合わせを確認すること)を行うには、人類が現在使用できる量よりも多くのリソースが必要となります。
・256という数は暗号鍵の大きさを意味します。つまり、256ビットは2^256通りの組み合わせがあることになります。どのような鍵も十分なリソースがあれば破られる可能性があるのは事実ですが、256ビット鍵を使ったAESなら間違いなく十分でしょう。これを破るには、まだ実現していないスーパーコンピューターを作り、何十億年も復号化の計算をさせなくてはなりません。
現在、この世にAES256ビット暗号を破れるだけの時間はありません。
NordVPN公式より

・CyberSec

マルウェアやフィッシングのブロック。

さらに広告もブロック対応。

・DoubleVPN

目的のサーバーに直接接続されるのではなくその前に二つのサーバーを経由します。

現住所→タイ他国サーバー→タイ他国サーバー→利用目的サーバーこのように接続されます。

これにより圧倒的な匿名性が保たれています。

この機能のデメリットとしては速度が通常よりも遅くなる点です。

基本的にはオフでいいです。

ノーログポリシー

ノーログポリシーを掲げていない会社はユーザーがどこにアクセスしたか、何をしたかなどの活動を全てログ「記録」を保持しています。

ノーログポリシーを掲げているNordVPNは一切如何なるログも保持しないため100%プライバシーが守られます。

年単位の契約であればセカイVPN以上の低価格

一か月単位での契約はセカイVPNよりも少し割高ですが3年契約プランでは一か月辺り500円以下とコスパが非常にいい。

一括払いで払わなくてはいけないのがネックですが長い目で見ると非常にお得ですね。

安定した速度

VPNを利用するとどうしても元の回線よりは速度が遅くなってしまうのですがNordVPNは比較的安定して早い速度が出ます。

参考までにNordVPNは元の回線の半分以上は出ますがセカイVPNはそれよりもさらに遅いです。

30日間返金保証

セカイVPNのように無料お試しではないのでひと手間が面倒ですが満足がいかなければ30日以内に返金申請することで返金してもらえます。

NordVPNまとめ

NordVPNは長期で利用する人にはコスパが良くサービスの品質も非常に高いです。

難点としては海外のVPN社のため今までにVPNを利用したことがない人にはとっつきにくいかもしれません。

サポートに連絡してもうまく伝わらなかったり望んだ答えが返ってこなかったりします。

NordVPN公式はこちら

ExpressVPN

ExpressVPN社のVPNです。

最速の通信速度

ExpressVPNは様々な検証を行い最速と呼ばれています。

先に紹介した2社はもちろん他のVPN社よりも速いことが検証で証明されています。

実際ExpressVPNは非常に速いです。

当然VPNなので元の速度よりは遅くなるのですが他社のVPNよりも落ち幅が少なく元の回線よりも多少落ちる程度です。

安定性

ExpressVPNは速いだけでなくPing値と呼ばれるサーバー間の反応速度も高い水準を保っています。

ネットで利用する上でPing値も速度と同じくらい重要です。

動画を見る際に止まらずに見ることができるか。

オンラインゲームをする際にヌルヌル動くか、ラグが起きないかに関係してきます。

NordVPNも非常に安定していますがExpressVPNは安定且つ最速です。

NordVPNに迫るセキュリティ

NordVPN同様256bitのAES暗号化通信で非常に高いセキュリティです。

その他のセキュリティ機能はないためセキュリティだけで見るとNordVPNに軍配が上がります。

ノーログポリシー

NordVPN同様ログを一切保持しませんのでプライバシーが守られます。

30日間返金保証

こちらもNordVPN同様に30日以内であれば返金してもらえます。

ExpressVPNまとめ

月額約1300円1年払いでも月辺り約800円と他のVPNよりも割高だけど速度を重視する方にはおすすめできます。

しかし、サポート品質がNordVPN以上に安定しません。

まず日本語で問い合わせるとおかしな返しが来る可能性が高いのと返事が遅くなります。

そのため英語で問い合わせるのが無難です。

しかし、こんなことも。

チャットで問い合わせた際にしっかりこちらの言いたいことが伝わるように英語で問い合わせたのですが私が英語力が低いのもあって返事が遅くなってしまいました。

そしたら「反応がないようなのでサポートを終了させていただきます」と言われ勝手にチャットを終了されました(笑)

なので英語が苦手な人にはとっつきにくいです。

ExpressVPN公式はこちら

タイで利用するのにおすすめなVPN「2021年版」まとめ

タイで利用するのにおすすめなVPN「2021年版」をまとめるとどの会社もいい点、悪い点があるので一概にここが絶対いい!とは言えません。

それぞれのサービスを比較して自分に合ったサービスを選んでください。

・初めてで利用するのに不安ならセカイVPN

・コスパ良く安く済ませたい、セキュリティや安定性に拘りたいならNordVPN

・速度と安定性優先ならExpressVPN

こんな感じですが先程記載したように各社デメリット点もあります。

その他の会社や無料VPNも私は試してみましたが日本のVPNで使えるなというレベルはセカイVPNだけ。

海外VPNはNordVPNとExpressVPNの2強という結論になりました。

どれもお試しor返金キャンペーンがありますのですべて利用してみて自分に合ったものを選ぶのも有りだと思います。

シンバ
皆様に合ったサービス探しのお手伝いができれば幸いです

実際に各社VPNを利用した感想はこちら

NordVPNタイ評価レビュー2020年最新版「他社との比較、なぜおすすめなのか徹底解説」

セカイVPNをタイで実際に使ってみた評価レビュー「2020年版」

タイで利用するのにおすすめな動画配信サービスはこちら

タイでおすすめの動画配信サービス「2020年版」

-タイでVPN

Copyright© なぜなにタイランド! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.